トップページ > 皮と中身 / それぞれの効能


ごぼうの皮にあるサポニン

サポニンと言う成分は、ごぼうの皮にあります。

ごぼうを水に浸すと黒くなりますが、これがサポニンの正体です。
皮を剥いて捨ててしまうなんて、勿体ないです!

ごぼう,皮,サポニン,効能

サポニンの効果・効能には、以下のものがあります。

界面活性作用
腸管では脂肪やデンプン質やコレステロールに、血中では悪玉コレステロールに吸着・排出してくれます。

創傷治癒作用
肌のトラブルを修復したり、体内の傷や炎症の治癒を早めたり、血小板(←血を固める)の働きを抑制してアレルギーを改善し、血の巡りを良くしてくれます。

抗酸化作用
サポニンはポリフェノールの仲間です。土の中でも酸に浸されないように、ごぼうはこのチカラを蓄えました。体内に取り入れると、老化の原因である活性酸素を排除してくれます。

抗酸化作用
体内でも風邪やインフルエンザのウィルスを撃退。免疫力を高めてくれます。