トップページ >ベトナムコーヒー> 焙煎


焙煎

深く濃い味わい、酸味は弱く、後味はスッキリで、苦い系のコーヒーが好きな人にはとてもよく合うベトナムコーヒー。

基本的にかつての宗主国であるフランス式なので、ベトナムコーヒーはミルクとの相性も良く、チョコレートのような深い香りとほんのりした甘みをもっています。

他の珈琲にはないベトナムコーヒーの独特の香りは、バターを使って焙煎している為です。


ベトナムコーヒーは、バターを使って深煎りする方法(フレンチロースト)を使います。
それも、イタリアンローストに匹敵するくらい真っ黒けに煎ります。

ベトナムコーヒーの、あの独特の香味と苦みは、この焙煎方法から生まれるものです。